マットレスあるある

詳細はこちらから

↓↓↓↓↓↓

マットレスあるある記事一覧

睡眠不足に悩む子育て中の女性におすすめ

神奈川県に住んでいる36歳の専業主婦です。2歳半の男児と生後半年の女児がいるので慢性的な睡眠不足に悩んでいました。男児のほうはほとんど毎晩2回、女児は3回目を覚まします。男児が目を覚ましたときには隣に寄り添い背中をトントンすることが必要で、女児のほうは授乳かおしゃぶりを与えれば再び眠ってくれます。夜...

≫続きを読む

 

ハーブティーを飲んで、快適な眠りを貴方に

私は千葉県在住の専業主婦(女性・40歳)です。子供の頃から、眠りは浅いほうで、夜中にトイレに2度起きてしまうことがしばしばありました。それは大人になっても治らず、深い眠りにつけないため、翌朝疲れが残って、就職してからも、辛い思いをしました。もっとゆっくり眠って、疲れをとりたい!もっと、あー寝たぁ!と...

≫続きを読む

 

今日からできる睡眠効率を上げるための呼吸法!

1.あなたの年齢、職業、住んでいる地域、性別35歳、会社員、東京在住、男2.そのコツは、何ですか?寝る1時間前に湯船に塩を入れて20分浸かり汗が出るまで体を温める。入浴後、スマホは見ない。(交感神経を優位にしてしまうので。)ベッドの上で座禅を組み、ただ5分間呼吸に集中する。いわゆる瞑想に近いですが、...

≫続きを読む

 

入眠時は母胎の中へそして目覚めの朝は人が生まれたときの状態

上質な睡眠をとる方法としまして、まず部屋の状態からお話したいと思います。いい睡眠をとるための基本として、私は暗い部屋だることを大切にしています。地球上に住んでいる生物はほとんど夜は寝ているわけですから、基本的に真っ暗状態で眠ることが大切だと考えています。動物を考えますと電気などない状態で寝ているのは...

≫続きを読む

 

寝不足気味のあなたにおすすめする、睡眠の質を高める簡単な方法

私は33歳男性の会社員で、千葉県在住です。今回は私が軽度の不眠状態に陥ってから、快適な睡眠を取れるように戻るまでに実践したことをご紹介させてもらいますね。ご紹介する方法のコツは特に難しいことはなく、ただ簡単な改善を積み重ねるだけです。20代後半から仕事があまりに忙しくなり、また人間関係にも悩んでいた...

≫続きを読む

 

夜よく食べてカフェインを取らずにいると眠れる

私は40歳、事務職をしていて香川県に住んでいる女性です。私が快眠のためにしていることは、まず夜にいっぱい食べるということです。それは、夜に食べることによって、しっかりと朝まで寝る事ができます。以前は、夜に食べずに寝ることもありました。その時、とても辛かったのです。ダイエットをしていて、夜に食べない事...

≫続きを読む

 

夜はアナログな時間を過ごすことで、人生が充実する。

私は45歳、主婦、東京在住です。睡眠に関して、20年近く悩んでいました。快眠とはなんだろうといつも考えていたのです。20代の頃は、平日の睡眠時間は3時程度でした。週末になると10時間以上寝たりしていたのですす。今から思えば、若いからできたのだと思います。30代は精神的にも病んでしまったのだと思います...

≫続きを読む

 

心配性で緊張しやすい人は、リラックス空間を作るべき

神奈川県在住の20歳の女、学生です。わたしは昔から寝つきが悪く、ベッドに入っても少なくとも30分から1時間は起きています。どんなに眠くてもそれは変わらず、電気を消すとなぜか目覚めてしまい心地の良い姿勢を探してはゴロゴロと動き、考え事をし、そのまま携帯を手に取って調べ物をしてしまうこともありました。早...

≫続きを読む

 

特別な努力もせずに快適な睡眠習慣を手に入れるには?

初めまして(祐介、29歳、デザイン関係、東京都、男性)私は昔から就寝時間が遅く、また睡眠時間も長い不規則な生活を送ることが多かった子供でした。中学生以降は部活や塾などに通っていたこともあって日付が変わる前に寝たことは一度も無いと思います。そのような生活習慣は睡眠を取っても日中や夕方眠くなることも多く...

≫続きを読む

 

足首を温めることで、日常的によりよい睡眠を

記事投稿者は、熊本県在住の24歳女性で、保育士として働いております。私が睡眠を上手にとるために行っていることは、寝る際に足首を温めるということです。その他には、毎日ではありませんがホットココアやはちみつ湯などを飲むということも行っています。ホットココアやはちみつ湯を飲むことで、体が温まり血行が良くな...

≫続きを読む