寝不足気味のあなたにおすすめする、睡眠の質を高める簡単な方法

詳細はこちらから

↓↓↓↓↓↓

私は33歳男性の会社員で、千葉県在住です。
今回は私が軽度の不眠状態に陥ってから、快適な睡眠を取れるように戻るまでに実践したことをご紹介させてもらいますね。
ご紹介する方法のコツは特に難しいことはなく、ただ簡単な改善を積み重ねるだけです。

 

20代後半から仕事があまりに忙しくなり、また人間関係にも悩んでいた時期にストレスの影響からかしっかりとした睡眠がとれなくなってきたらしく、朝起きても全くスッキリせず布団から出るのが大変、日中は欠伸が止まらないという状況が続くようになりました。
このままでは仕事だけでなく健康にも影響が出そうと思い、一念発起して書籍やネットでいろいろ睡眠の質について調べたところ、いくつか今の生活で簡単に改善できるものを見つけました。
以下の点について見直すことで集中的に熟睡できるようになったようで、朝は寝覚めがスッキリして布団からすぐに出られるようになり、日中の眠気も大幅に少なくなりました。

 

・食事の時間
晩御飯は遅くとも就寝の2時間前には済ませるようにします。
睡眠というのは体を休めるための行為ですが、寝る直前に食事をしてしまうと消化器官が消化に忙しく働いてしまい、結果的に睡眠全体の質を下げてしまいます。

 

・部屋
室内には原則、明かりを残さないようにします。
わずかな光でも目に入りますと睡眠の質を下げてしまうので、部屋の電気の常夜灯や空気清浄機のランプ、エアコンの運転ランプも可能であればテープなどで見えなくすることがおすすめです。

 

・寝具
自分の頭に合った高さとかたさの枕を慎重に選ぶようにします。
枕の高さが少しでも合わないと、睡眠に集中できないばかりか肩こりの原因にもなってしまいます。
私はバスタオルを巻くことで高さと硬さを調節できるオリジナル枕を作って寝るようにしました。

 

・就寝前
就寝の1時間前にはテレビやパソコン、スマホといったディスプレイを極力見ないようにします。
これら画面から発されるブルーライトは太陽光と性質が似ているため、長時間目に入ってくることで脳がまだ寝る時間ではないと判断して体が睡眠の準備に入れなくなってしまいます。
ただ、全く見ないでいることも難しいと思いますので、少なくともブルーライトカット機能を使うだけでも効果があります。

 

いかがでしょうか?
いずれも簡単なことですが、少しずつ気を付けることを積み重ねていくだけで、大きく睡眠の質を改善することができますよ。
毎日しっかり寝ているつもりなのに何だか寝足りない、日中に欠伸が止まらないといった症状に悩まされている方におすすめします。
是非ともこれらポイントを押さえて実践してみてください。